ビューティストア ダイエット ニオイケア ニキビケア
ニキビケア ニキビができる原因・ケア方法

洗顔で清潔にしていても治らない!?ニキビの原因や治療法を紹介

4月 18, 2017 BeautyStore編集部

◇ニキビってそもそもなんでできるの?

ビューティストア
ニキビには大まかに分けて思春期ニキビと大人ニキビの二種類があると言われています。思春期ニキビと大人ニキビのそれぞれの特徴を紹介します。

・思春期にできるニキビ

10代や20代初期の思春期にできるニキビは、「Tゾーン」といわれる、頬から額にかけての場所にできやすくなります。思春期ニキビの主な原因は、余分に出てしまった皮脂が毛穴につまってしまうこと。きちんとスキンケアを行って、過剰な皮脂を取り除いてあげると治ることが多いです。

・大人ニキビ

大人にできるニキビは、思春期にできるニキビと原因が異なります。そしてその原因も多岐にわたります。

1、肌の乾燥と代謝不良

年齢を重ねると皮膚の新陳代謝が悪くなる傾向にあるため、残ってしまった古い角質が毛穴をふさいでしまうことがニキビができる原因になります。その角質が蓄積してさらに皮膚が厚くなってしまうと硬くなり、できてしまったニキビをさらに悪化させてしまうことがあります。

2、ストレス・睡眠不足

普段の生活で仕事や日頃の生活のストレスや睡眠不足などがホルモンバランスを乱し、ニキビの原因になることがあります。

3、生理前のホルモンバランスの乱れ

ホルモンのバランスが変わるため、女性は生理前にニキビができやすくなります。男性も男性ホルモンの影響でニキビを悪化させてしまうことがあります。

4、食生活の乱れ

普段の食生活の乱れも原因の一つです。偏った食事をしていたり、甘いもの、辛いものばかり食べていたりするとニキビはできやすくなります。

5、メイク汚れ

女性は毎日メイクをしますが、メイクをした後のケアに問題がある場合。
仕事から疲れて家に帰ってきたときなどは、化粧を落とすのも面倒でつい簡単に済ませてしまいたくなりますが、丁寧にメイクを落とさないと、メイク汚れが残ってしまい、毛穴に残って詰まってしまいます。その積み重ねがニキビの原因になります。

6、煙草の吸いすぎ

たばこの吸いすぎによって血行不良を起こすことがあります。血液の循環が悪くなると皮膚の新陳代謝が滞り、ニキビもできやすくなります。

7、極端なダイエット

特に若い女性に多いのですが、過度のダイエットで栄養状態が悪くなるとニキビができることがあります。

 

◇ニキビができる場所と、それぞれの原因

ニキビができる場所によっても、その原因を推測することができます。それぞれどんな原因でニキビができやすいかを紹介します。

・おでこ

おでこは、シャンプーが残ったり、ホルモンバランスが乱れたりすることによってニキビができやすくなります。また、おでこは前髪が当たる場所なので、前髪を触ることが多い人もニキビができやすくなる傾向にあります。

・鼻

思春期の場合、鼻は皮脂の分泌が活発で毛穴につまりやすいため、ニキビができやすくなります。大人の場合は、疲れや睡眠不足、ストレスなどが原因でホルモンのバランスが崩れると、鼻にニキビができやすくなります。鼻の脇などは汚れが落としにくいので、洗顔料や化粧品などの汚れが残りやすい場所でもあり、丁寧な洗顔が必要です。

・頬

頬は、ホルモンバランスの乱れによりニキビができやすくなります。特に思春期の男性は頬にニキビができやすいですが、これは男性ホルモンが過剰になってしまうことが原因のようです。

・あご

あごのニキビは、ホルモンバランスの乱れや胃・消化器などの不調でできやすくなります。また、男性の場合はあごにひげが生えているので、ひげそりなどの刺激を受けて皮膚がダメージを受けやすく、ニキビができてしまうことがあります。

・口もと

大人ニキビに多い場所。ホルモンバランスの乱れや、ストレス、食生活の乱れなど原因として考えられます。
 

◇ニキビの色の違い、治療法

・白いニキビ

たまってしまった古い角質が毛穴に詰まってニキビができます。初期にできやすい白ニキビは、ホルモンバランスを整える治療がよく選択されます。少し大きくなってしまった場合は、面ぽう圧出という施術を行ってニキビの中身を出すこともあります。

・赤いニキビ

赤いニキビは炎症を起こしている状態なので、できるだけ早く治療をしないと悪化してしまいます。さらに悪化して化膿してしまうと、黄色い膿が出てきます。赤いニキビを放置すると顔にニキビの跡が残ってしまい、治らないこともありますので注意が必要です。
炎症を起こしてしまっている状態なので、自分でつぶしてしまうと悪化することがあります。病院では抗生物質やステロイドなどを使って治療をしていきます。

・黒いニキビ

ニキビの表面が黒くなってしまう黒ニキビは、特に鼻にできやすいものです。
治療は、病院で面ぽう圧出の施術をされることが多いようです。ニキビの量が多くてなかなか治らない場合は、ホルモン治療をすることもあります。
 

◇ニキビの予防

ビューティストア ダイエット ニオイケア ニキビケア

・肌を清潔に

汗や古い角質がニキビの原因になることは多いので、毎日の洗顔をきちんとして、肌を清潔に保つことはとても大切です。顔を洗う時に洗顔料を使っていても、それをきれいに洗い流していないとニキビの原因になります。汗を放置すると菌が繁殖することもあるので、できるだけすぐに清潔なハンカチなどでふき取りましょう。

・ニキビを作らないメイク

ニキビは皮脂が多いとできやすいのですが、乾燥のしすぎで皮脂が過剰分泌されることもあるため、化粧水などでよく保湿することも大切です。女性は毎日メイクをしますが、ファンデーションなどはあまり厚く塗らないようにし、肌の呼吸をしやすくしておく心がけを。厚塗りは毛穴を詰まらせてしまう原因になります。

・睡眠

睡眠は毎日規則的にとれているでしょうか? 毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる習慣はニキビ予防にもとても大切です。夜更かしや朝遅くまで寝るような生活は、肌にあまりよくありません。

・ストレス

ストレスが増えるとホルモンバランスが乱れてしまい、肌荒れの原因になることも。美容にストレスは大敵です。ストレスが増えると男性ホルモンやノルアドレナリンが活発になり、油っぽい肌になってしまいます。この脂性肌になってしまうことが原因でニキビができやすくなります

・乾燥

ニキビは油脂の分泌が過剰になってできると思われがちですが、逆に乾燥しすぎても、古くなった角質が乾燥し、毛穴に詰まりやすくなります。
 

◇まとめ

顔のニキビについて原因や症状、治療法、予防法などを紹介しました。ニキビができてしまうと本人はとてもつらいものです。顔にニキビがたくさんできると鏡を見るのも嫌になってしまいますね。
にもかかわらずニキビは案外軽視されていて、できたニキビをそのまま放置している人もたくさんいます。なんとなく気後れがするかもしれませんが、ひどくなってしまってセルフケアでなかなか治らずに悩んでいる場合には、皮膚科に相談してみるもの一つの手です。