ビューティストア ダイエット ニオイケア ニキビケア
ニキビケア 大人のニキビ・吹き出物

吹き出物がどうしてもできちゃうあなたに!とっておきの大人ニキビ撃退法

4月 18, 2017 BeautyStore編集部

ThinkstockPhotos-475713753最近は、吹き出物のことを「大人ニキビ」というようになりました。大人ニキビというぐらいですから、普通のニキビとは予防法もできてしまったときの対策も異なります。
適切なケアをしないと、大人ニキビが増殖してしまうかもしれません。食事をはじめとする生活習慣の見直しや病院の活用法など、大人ニキビ撃退法をまとめてみました。大人ニキビで悩まないように、ぜひ参考にしてみてください。

 

◇できたニキビは症状別に対処を

まず、すでにできている大人ニキビは、その症状に合わせて対処する必要があります。状態に合わせた治療をしないと、症状が悪化する可能性もあるので注意してくださいね。

・白ニキビの場合

初期段階の大人ニキビを「白ニキビ」といいます。その名の通り、白い斑点のようなニキビです。毛穴の中に皮脂が詰まりすぎて、盛り上がっていることが多いですね。1mmくらいの小ささですが、ほったらかしにすると悪化してしまうこともあります。
一般的にニキビはつぶすと跡が残るもの。でも、白ニキビの時点であればつぶしても大丈夫なこともあります。ただ、ここで大事なのはニキビの芯をしっかり取り切ること。自分でやるのは難しいので、病院などで抜いてもらうのが良いでしょう。間違って皮膚を傷つけると、雑菌が入って炎症を起こす可能性もあるので十分気をつけてください。

・黒ニキビの場合

白ニキビから症状が進行し、より一層皮膚の内部に皮脂がたまってしまうと、黒いホクロのようになります。これを「黒ニキビ」といい、余分な皮脂を排出することが大切になるレベルです。
セルフケアでは、洗顔をしっかり行って皮脂を落とすようにします。肌のターンオーバーが正常に行われれば、ニキビ跡も残らずに治るので焦りは禁物。むやみに触ったりせず、肌に刺激を与えないようにしましょう。洗顔料は、なるべく低刺激なものを選ぶのがおすすめ。タオルでゴシゴシこすらず、衣服も肌に優しい綿素材のものを着用するなどしましょう。

赤ニキビの場合

白ニキビや黒ニキビが悪化すると、「赤ニキビ」になります。ニキビの原因として有名なアクネ菌が集まって、炎症を起こしているので赤くなる状態です。この状態になると、セルフケアでなんとかするのは難しいので、医療機関に行くのが最適。薬物療法やピーリングといったニキビ用の治療を行うのもこの段階です。
肌が過敏になっている状態なので、化粧水をつけるだけで痛みを感じることも。かゆみや痛みを感じることが多いのですが、触れると余計に痛み、炎症範囲が広がる恐れがあります。

黄ニキビの場合

赤ニキビが進行して、膿のようになるのが「黄ニキビ」です。白ニキビに比べて大きく、腫れているような状態になります。こうなると、医療機関でしっかり治さないとクレーターやニキビ跡になりかねません。メイクもなるべく避けた方が良いでしょう。どうしてもメイクが必要な場合、「ノンコメドジェニック」(アクネ菌の養分になりにくい油分を使っているという意味)と書かれた化粧水などを使うのがおすすめです。
ただしメイクで隠そうとしてコンシーラーを使うと、症状が悪化することが多いので避けてください。アイメイクやリップを強調するなど、ニキビに視線がいかないように工夫するようにしましょう。
 

◇ホルモンバランスの乱れを整える方法

ThinkstockPhotos-475713753大人ニキビができるのは、ホルモンバランスの乱れが原因であることがほとんどです。女性が社会進出することが増え、ストレスを感じやすい現代。まずはストレスをためこまないことが重要です。そのうえで、自分でもできるホルモンバランスを整える方法を試してみましょう。

・睡眠と食事で生活のコントロールを

まず、基本となるのが生活習慣です。美肌のためにも、肌には休む時間が必要なのです。そのために必要なのがなんといっても睡眠。睡眠時間や質については個人差があるので、自分にとって最適な睡眠時間を知ることが重要になってきます。眠ることで肌のターンオーバーが正常に機能し、ニキビの治りも良くなります。年齢を重ねるごとに、このターンオーバーのスピードも遅くなるので、大人ニキビ対策に適切な睡眠は必要不可欠といえましょう。

また、人間の体内時計の1日の周期平均は最近では24時間10分と24時間に近くなっているそう。ただやはり人それぞれで違い、長い人も短い人もいるそうです。これをリセットして24時間周期に合わせるために必要なのが太陽光を浴びることです。朝のルーティンができていると、体内時計もスムーズに動いてくれます。特に重要なのが朝食。毎日三食摂取することで、自律神経をコントロールできるのです。女性ホルモンにも良い影響を与えることができるので、朝食の習慣をつけると良いでしょう。これで吹き出物ができにくく、できても治りが早い肌に近づくことができます。

・趣味に没頭するのも効果的

また、趣味など没頭できるものを持つというのも、実は大人ニキビ対策に有効な手段です。ストレスを解消することができますし、精神的な満足感が得られますよね。忙しくても、心身ともに気力がみなぎっているとホルモンバランスはくずれにくいと言われています。つまり、仕事が忙しくても、仕事が趣味と思えるようなら悪いことではありません。ただ、仕事が忙しくてストレスフルだというなら、趣味などを見つけてはけ口を作るのが一つの策となります。

あまりに仕事が忙しくてストレスを感じるようなら、転職を考えた方がいい場合もあるかもしれません。大人ニキビは立派な皮膚疾患ですから、身体からのサインと思うべきです。一度今の自分の状態を見直すというのも吹き出物対策になることでしょう。
 

◇ビタミンCを味方につけて

ThinkstockPhotos-475713753ビタミンCは、美肌を助けてくれる成分として有名です。ビタミンCは、傷の治癒に必要なタンパク質であるコラーゲンの生成をサポートしますので、ニキビ跡や色素沈着を緩和する働きも期待できます。
ビタミンCは、野菜や果物を食べることやサプリメントを飲むことで摂取できます。最近は、大人ニキビ用にビタミンC誘導体入りの化粧水も増えてきました。吹き出物ができにくい肌を作るために必要な要素は、しっかり生活に取り入れていきましょう。

・化粧品も成分表をしっかり見て決めるべし

ドラッグストアなどでも「ビタミンC誘導体入り」や「ビタミンC配合」をうたった化粧水などを見かけるようになりました。しかし、せっかく利用するならば、高濃度なものを選びましょう。値段は一つの目安ですが、高額なものほど浸透率も高い商品である可能性大。しっかり説明書を読み、美容部員さんに聞いてみましょう。ビタミンCについて明記されていなくても、成分表を見れば何が入っているのかは分かります。

・食事でビタミンCを効率よくとる方法

基本的にビタミンCは食事で摂取したいところです。しかし、ビタミンCの弱点は、水溶性ビタミンであるために一定量以上を経口摂取しても老廃物の排出等とともに体外に出てしまうということ。つまり、体内に長時間とどまることができない成分なのです。従って、ビタミンCを食事で摂取する場合、一食でたっぷりとろうとするのはおすすめではありません。三食のうちに満遍なく摂取する方が美肌のためには良いでしょう。

・大人ニキビへのおすすめ食材

ビタミンCが豊富な食材には、赤ピーマンやブロッコリーなどの緑黄色野菜があります。また、意外かもしれませんが、じゃがいも・さつまいもといったイモ類にも豊富に入っているのですよ。果物だと、レモンやオレンジといった柑橘系が有名ですが、他にキウイやいちごにもビタミンCがたっぷり入っています。ただし、ビタミンCは水に流れやすいうえ、熱にも弱いので、調理するとビタミンCを損なってしまいます。野菜もできるだけ生のまま食べるのがおすすめ。果物であれば水にさらしすぎないように注意しましょう。

・サプリメントもあなどるなかれ

サプリメントでビタミンCを摂取するのも悪いことではありません。必要な栄養素を補うためにはサプリメントを上手に活用したいところです。ビタミンCだけでなく、抗酸化成分として知られるビタミンEと合わせて摂取するのもおすすめ。なお、空腹時にサプリメントを飲むと下痢になったりすることもあるので、食事後にサプリメントを飲むのが良いでしょう。サプリメントの飲み過ぎでも体調不良になることがあるので、一日に摂取する量もしっかり守ってくださいね。

・ビタミンCを減らさない努力も大事

ビタミンCは、何もしなくても体内から出ていってしまう成分です。そのスピードを加速させるのが喫煙や飲酒。特に喫煙は副流煙でもビタミンCを消費するので、喫煙所のそばには近寄らないのが得策でしょう。ちなみに、風邪をひくだけでビタミンCを消耗してしまいますので、日頃から体調管理をしっかりするのも大事な吹き出物対策といえるでしょう。
 

◇病院はうまく活用するのがおすすめ

大人ニキビは立派な皮膚疾患。ですから、皮膚科で治療してもらうことができます。病院は怖いとか、時間がないから行けないという人も多いですが、一度診察してもらうことで、どういったときに大人ニキビができてしまうのかを知ることができます。

・まずは、診察を受ける

何はともあれ、皮膚科を受診して診察を受けましょう。医師からニキビの原因やアドバイスをもらうことができます。病院によっては、問診票で生活習慣チェックをしてくれるところもあり、問診票を元にどういったことに気をつけたらいいかを分析してもらえます。大人ニキビで受診するなら、なるべく皮膚科を専門にしている医師がいる病院がおすすめです。

・皮膚科で受けられる治療

ニキビの治療で皮膚科を訪れたときに受けられる治療には、毛穴の詰まりを取り除く治療や、炎症部位に直接抗生物質などを注射する治療などがあります。診断結果に基づき、適した治療方法が選ばれます。また、ケミカルピーリングやレーザー治療といった施術もありますが、こちらは保険適用外の治療になります。最近では、ただの皮膚科ではなく「美容皮膚科」という看板を掲げているクリニックもあり、そういったところではニキビなどの美容に関わる治療に必要な機器を豊富にそろえていることが多いです。

・薬局は精神的な頼りにもなる

処方された薬を購入する薬局も、大人ニキビ治療において精神的な頼りになってくれます。最近では女性の薬剤師さんも増え、大人ニキビの悩みを聞いてくれます。お薬手帳を見て、必要な薬や化粧品を詳しく説明してくれるので、安心して購入できるのも利点。「敏感肌でアルコールフリーが良い」というような注文が多いケースでも、おすすめの化粧品を紹介してくれるので頼もしいですよ。
 

大人ニキビは、さまざまな要因でできてしまうものですが、その分いろんな対策ができるともいえますね。ぜひ、自分の吹き出物が、どのレベルのものなのかしっかり見極めてからケアをしてください。生活習慣の見直しや、必要であれば病院を使うのも一つの手。上手に活用すれば、大人ニキビに悩まずに、日々を健やかに過ごせるでしょう。化粧品も高品質なものが展開されているので、楽しく探していきましょう。ストレスをためないでケアすることが、ニキビ撃退には一番効果的といえます。